演技構成点

演技構成点

(スポーツ)
えんぎこうせいてん

[英] Program Components Score (略称:PCS
演技構成点は、フィギュアスケート競技のうち、2003-2004シーズンから導入された*1ISUジャッジングシステム(International Judging System)における得点要素の一つ。
5つの項目があることから、「ファイブコンポーネンツ」(Five Components)と呼ばれることもある。
ジャッジパネルと呼ばれる審判が採点する。

項目

シングル・ペア

  1. スケート技術(Skating Skills:SS)
  2. 要素のつなぎ(Transitions / Linking Footwork / Movements:TR)
  3. 動作/身のこなし(Performance / Execution:PE)
  4. 振り付け/構成(Choreography / Composition:CH)
  5. 曲の解釈(Interpretation of the music:IN)

の5項目があり、各項目0.25点刻みの10点満点で採点される。

アイスダンス

  1. スケート技術(Skating Skills:SS)
  2. 要素のつなぎ/身のこなし(Linking Footwork / Movement:TR)
  3. 動作(Performance:PE)
  4. 振り付け(Choreography:CC)
  5. 曲の解釈/タイミング(Interpretation / Timing:IT)

の5項目があり、やはり各項目0.25点刻みの10点満点で採点される。

項目ごとの加重係数

上記の各項目における点数を種目ごとに規定された下記の加重係数を乗じた上で総和したものが演技構成点となる。

種目 SS TR PE CH IN CC IT
男子ショートプログラム 1.00 1.00 1.00 1.00 1.00 - -
男子フリースケーティング 2.00 2.00 2.00 2.00 2.00 - -
ペア/女子ショートプログラム 0.80 0.80 0.80 0.80 0.80 - -
ペア/女子フリースケーティング 1.60 1.60 1.60 1.60 1.60 - -
アイスダンスショートダンス 0.80 0.70 0.70 - - 0.70 1.00
アイスダンスフリーダンス 1.25 1.75 1.00 - - 1.00 1.00

なお、種目によって加重係数が異なるのは、もうひとつの得点要素である技術点とおよそ同じ割合になるようにするためである。たとえば、男子が女子より係数が高いのは、男子のほうがジャンプにおいて難易度の高い技を行うことができ、技術点が高くなりやすく、フリースケーティングのほうがショートプログラムより高いのは、フリースケーティングのほうが多くの技をこなすことができるため、技術点が高くなりやすいからである。

採点方法

  1. 9人の演技審判が、10点満点・0.25点刻みで構成点を判定する。
  2. 9人の演技審判からコンピュータによる事前抽選で2人が除外。計7人の採点が得点対象となる。
  3. 7人の演技審判の中で、5つの項目ごとに最大値と最小値を除外する。
  4. 項目ごとに5人の演技審判の点数から平均点を算出したものが構成点となる。
  5. 5つの項目それぞれの構成点に、種目・項目ごとの加重係数を乗じて合算したものが最終的な演技構成点となる。

*1:2004-2005シーズンより正式導入

新着ブログ: 演技構成点