熊川茶碗

(一般)
こもがいちゃわん

茶の湯で使われる高麗茶碗の一種。
桃山時代に李朝初期から中期にかけ(1550年から1580年頃)輸入された茶碗でこれには三種類ある。
○真熊川茶碗
 最も古くから輸入された茶碗で、姿形も素直、枇杷色を呈して、茶の映りも抜群で、濃茶には格好な茶碗
○鬼熊川茶碗
 やや荒っぽく、高台が大きく、ガッチリしており手強い。
○後熊川茶碗
 江戸時代初期から中期にかけ輸入された茶碗で、全体的にやや硬めで、上記二碗に比べるとやや劣る

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ