片山まさゆき

(マンガ)
かたやままさゆき

麻雀漫画を主に描く漫画家。
1959年千葉県出身。明治大学文学部中退。
80年代に、劇画風な作風のものしかなかった麻雀漫画界に、ライトタッチなギャグ漫画を導入。革命的な作風であったが、あまりに革命的すぎたせいか、その後のフォロワーもほとんど現れていない。ただし、劇中で描かれている麻雀の内容に関しては、きわめて理論的であり、ドタバタドラマを除いた部分ではよくできている実戦向きの麻雀の教科書としても読める。
ちなみに、自身の似顔絵では渦巻きの目にホウキのような髪型に鉢巻をした姿で描かれるが、現実の彼はかなり禿げが進行した髪形である。

麻雀漫画をよく描いている。デフォルメタッチの絵柄と麻雀に対するカルトな
思い込みやらをおもしろおかしく描く

代表作:

  • 大トロ倶楽部
  • ぎゅわんぶらあ自己中心派
  • スーパーヅガン
  • ノーマーク爆牌党

関連

リスト::漫画家

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ