特殊無線技士

(一般)
とくしゅむせんぎし

以下の各無線従事者資格の総称。
上級の無線通信士や陸上無線技術士の資格に対し操作範囲を絞っており、取得に関する難易度も易しめになっているのが特徴。ただし、必ずしも楽に取得できる資格ばかりではなく、第1級陸上特殊無線技士のように無線技術の理解を求めるもの、第1級海上特殊無線技士のように英語を課するもの、国内電信級陸上特殊無線技士のように和文モールスの技能を問うものがある。

各資格に共通すること

  • アマチュア無線には使用できない。
  • れっきとした総務省の無線従事者資格であり、国家資格だが、免許の発給は各総合通信局(沖縄総合通信事務所を含む)長。
  • ラミネートの免許証。(アマチュア無線と同じタイプ)
  • 国家試験で取得する場合科目合格制度がないので、一発合格しないといけない。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ