猪股和夫

(読書)
いのまたかずお

翻訳家。(1954年-2016年9月23日)

新潟県出身。静岡大学人文学部卒、新潮社校閲部を経て、ドイツ語翻訳者になる。

翻訳

  • 『父の国ドイツ・プロイセン』ヴィプケ・ブルーンス 慧文社 2006.5
  • 『自爆する若者たち 人口学が警告する驚愕の未来』グナル・ハインゾーン 2008.12.新潮選書
  • 『巡礼コメディ旅日記 僕のサンティアゴ巡礼の道』ハーペイ・カーケリング みすず書房 2010
  • 『サブマリーノ 夭折の絆』ヨナス・T.ベングトソン AC Books/ACクリエイト 2011.5
  • 『全貌ウィキリークス』マルセル・ローゼンバッハ, ホルガー・シュタルク 赤坂桃子,福原美穂子共訳 早川書房 2011.2
  • 『首斬り人の娘』オリヴァー・ペチュ 早川書房 2012.10
  • 『ブラックアウト』マルク・エルスベルグ 竹之内悦子共訳 2012.7 角川文庫
  • 『トントンギコギコおうちをなおそう ためしてみよう!おとがするよ。』ラーヴェンスブルガー・ブーフフェアラーク・オットー・マイアー編 ヴォルフガング・メツガー イラスト ダニエラ・プルッセ文 講談社 2013.9
  • 『羽男』マックス・ベントー 2013.11 角川文庫
  • 『資本の世界史 資本主義はなぜ危機に陥ってばかりいるのか』ウルリケ・ヘルマン 太田出版 2015.10.atプラス叢書
  • 『猟犬』ヨルン・リーエル・ホルスト 早川書房 2015.2
  • 『死体泥棒』パトリーシア・メロ 2016.1.ハヤカワ・ミステリ文庫
  • 『マルクス最後の旅』クリスマンスキ,ハンス・ユルゲン 太田出版(2016
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ