玄旨帰命壇

(一般)
げんしきみょうだん

かつてあった仏教の一派。天台宗に存在した秘法の一派である。比叡山の常行三昧堂の本尊である摩多羅神を祀って修する一種の口伝灌頂と言われ、後に淫祠邪教扱いされ。江戸時代には絶滅したといわれる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ