痕跡器官

(サイエンス)
こんせききかん

痕跡器官とは、生物体において、進化または育成の過程で十分発育しなくなり、単に痕跡的に認められるにすぎなくなった器官。
人体においては、虫垂や扁桃腺、余った血流路などがある。
従来、痕跡器官は、あっても無くても人体にはそれほど影響がないと考えられてきた。しかし、医療研究技術の発達に伴い、脾臓などの痕跡器官にも実際には機能している器官があることもわかってきた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ