癌の化学療法

癌の化学療法

(サイエンス)
がんのかがくりょうほう

一般的には抗癌剤を用いて行う癌の治療のこと。
また、ホルモン剤や免疫賦活剤を使った治療や、鎮痛剤・制吐剤を用いた緩和治療も化学療法に分類される。


抗癌剤についてはキーワード:抗癌剤を参照。

化学療法の目的それぞれ

化学療法のみで治癒を目指す

一部の癌は化学療法のみで治癒を期待することができる。具体的には、急性白血病、悪性リンパ腫、精巣(睾丸)癌、絨毛癌  等

集学的治療に用いる

集学的治療とは、様々な治療方法を組み合わせて行う治療方法のこと。
これに用いられる場合化学療法は、転移や再発を防ぐこと、外科療法前に癌を小さくしておくこと、癌による苦痛を緩和することなどの目的で利用されることが多い。

副作用

化学療法は局所的に効果があるものではなく、全身に作用するものなので、癌細胞だけでなく正常な細胞にも作用して副作用を引き起こす。
治療や症状緩和のために用いられる化学療法であるが、薬の使用と以下の副作用等によるQOLの低下の兼ね合いは十分に考慮されるべき問題であり、主治医と充分に相談することが推奨される。

症状

脱毛、吐き気・おう吐、白血球・赤血球・血小板の減少(骨髄抑制)、しびれ感  等