白川伯王家

(社会)
しらかわはくおうけ

花山天皇の皇孫の延信王から始まり、古代からの神祇官に伝えられた伝統を受け継いだ日本の公家。皇室の祭祀を司っていた伯家神道(白川流神道)の家元である。
なお、花山天皇の子孫の源氏である花山源氏に該当するのは、この白川伯王家のみであるため、両者は事実上同一のものである。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ