Hatena Blog Tags

白木葉子

(マンガ)
しらきようこ

漫画「あしたのジョー」の登場人物。
物語のヒロインではあったが、物語最後となる矢吹丈対ホセ・メンドーサ戦に至るまでは矢吹と数奇な関係を持つ存在としてえがかれた。


登場時は白木財閥の令嬢で慈善家という設定。矢吹と最初に顔を合わせたのは葉子が被害者となった寄付金詐欺事件にて、矢吹が裁かれる家庭裁判所の傍聴席だった。特等少年院行きが決定した矢吹は白木葉子に向けて、上流階級気取りで大金を寄付したおじょうさんと罵る。後に矢吹は少年院内でライバル力石徹と出会うが、葉子の生家である白木財閥はプロボクサー力石をサポートしており、彼の退所後は財閥が「白木ボクシングジム」を開設。力石の死後は葉子がジムを引き継ぎ独自のセンスと財力、行動力をもって矢吹の絡む試合を影からプロモートする暗躍者となる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

有森「誰一人見舞いに来ないから.監督も来なかったですね---」 この頃,有森のもとに,思わぬものが届いた.有森がジョーのファンだと知ったちばてつやが,激励の色紙を送ってきたのだ.そこにはジョーに託したメッセージが. 「一緒にアトランタの舞台を走ろう」「もう----うれしかったですね.確か,ジョーの横顔だったと思うんですけど.大好きな,うん.生き生きとした眼の」 視点3 女性が見つめたあしたのジョー(2)「あしたのジョー 時代と生きたヒーロー」 NHK アナザストーリーズ 

「あしたのジョー 時代と生きたヒーロー」 NHK アナザストーリーズ 運命の分岐点 初回放送日: 2022年1月25日 視点3 女性が見つめたあしたのジョー(2) 1967年に漫画雑誌で連載が始まり、コミックスの発行が累計2千万部を超える不朽の名作。強者に敢然と立ち向かうジョーの姿は学生運動の若者たちに勇気を与えた。 劇作家の寺山修司はジョーのライバル力石の死を受けて葬儀を企画、その死の意味を問いかけた。 作家の角田光代はジョーに孤独の物語を見て、マラソン選手の有森裕子はジョーと自身を重ね五輪を2度走った。人々の心を動かしてやまない“あしたのジョー”とは何者か。 ライバル力石を失い、一度は落ち…