相反則

相反則

(アート)
そうはんそく

カメラ・写真用語:露出における絞りとシャッタースピードの関係。

絞りを1段絞ったときに、シャッタースピードを一段遅くしたり、その反対に絞りを1段開けたときに、シャッタースピードを一段速くしたりすると、結局はプラスマイナスゼロに相殺され、露出としては同じ量の光が得られる。
絞りとシャッタースピードは写真の仕上がりに大きく関わるが、これらの組み合わせを変えていくことによって適正露出が得られる。

なお、シャッタースピードを一定以上、あるいは一定以下の数値に設定した場合、理論通りの露出が得られなくなる「相反則不規」という現象が発生する。
関連語 リスト::写真用語