真夜中のラブレター

(アート)
まよなかのらぶれたー

深夜に異様にテンションが上がり、思っていることをすべて吐き出したくなる現象。
感情が高ぶった状態で書いた文章を翌朝、冷静になって見返すと、意味が通じなかったり、独りよがりになっていることの喩え。
現在では、ラブレター(紙)に限らずメールなどもそれに当てはまる。

深夜にラブレターを真剣に書いて、朝、持っていく前にそれを読み返すと、自分が書いたとは思えないほど感情丸出しの恥ずかしい文章であることに気づき、そのラブレターを出せなくなくなった、という経験をお持ちの方も多いのではないだろうか。

「真夜中のラブレター現象」という失敗:けんじろう と コラボろう!:オルタナティブ・ブログ
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ