石本美由起

(音楽)
いしもとみゆき

作詞家。
1924年生まれ。
1948年に岡晴夫の「憧れのハワイ航路」がヒットしたのを機に作詞家の道へ。
「港町十三番地」「悲しい酒」(美空ひばり)、「柿の木坂の家」(青木光一)「浅草姉妹」(こまどり姉妹)、「逢いたかったぜ」(岡晴夫)、「長崎のザボン売り」(小畑実)、「矢切の渡し」(細川たかし)など人の哀歓を詩に託した。
演歌のジャンルを超えた作品を残した作詞家である。
2009年5月27日に死去。85歳だった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ