Hatena Blog Tags

碧蹄館の戦い

(社会)
へきていかんのたたかい

碧蹄館の戦い(へきていかんのたたかい)

1593年、文禄・慶長の役の際、朝鮮の碧蹄館周辺で小早川隆景・立花宗茂ら漢城駐留軍と李如松の明軍との戦い。朝鮮の役で敗色の濃くなった日本軍が、退路を賭けて挑んだ大戦で、小早川隆景が実質的に総大将を務めた。日本軍は勝利し壊滅を免れ、無事九州に引き上げたが、今後の戦線に行き詰まり、明との講和交渉を始めることになる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ