社会主義市場経済

(社会)
しゃかいしゅぎしじょうけいざい

政治体制的には社会主義を堅持しながらも市場経済を導入して経済の活性化を図るという経済体制のこと。訒小平移行の改革開放路線の中華人民共和国の経済体制が該当する。中華人民共和国の場合、一党独裁(厳密に言えばヘゲモニー政党制)を堅持しつつ、経済的には市場原理を導入している。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ 日本の製造業は弱くなりました。昔は製品を作るのに部品のほとんどを自社で製造していました。 一番の競争力は部品や製品を組み立てる機械で自社で製造していました。 他社が参入して同じような製品を生産することは困難でした。しかし今では分業体制になりました。 「資金」さえあれば。最新の製造設備や部品を購入することで一番競争力のある製品を作ることができるのです。 しかし新製品の研究開発は必要です。 新製品の開発に「資源」を集中して投資するので、生産設備を「疎か」かにしたので

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ 2020-10-28:拝啓、アメリカの「企業の経営者」は投資に「臆病」になった。目先の利益にを追い求めている。「このまま」では、アメリカ人は中国の「奴隷」になるだろう。奴隷が嫌なら米国は中国を「デカップリング」するべきだ!日本の製造業は弱くなりました。昔は製品を作るのに部品のほとんどを自社で製造していました。一番の競争力は部品や製品を組み立てる機械で自社で製造していました。他社が参入して同じような製品を生産することは困難でした。しかし今では分業体制になりました。「資金」さえあれば。最新の製造設備や部品を購入することで一番競争力のある製品を作ることがで…

兎の眼-先月