Hatena Blog Tags

禁断の惑星

(読書)
きんだんのわくせい

SFとしての状況設定を持ち込むことで、潜在意識のヴィジュアル化に挑戦した、1956年製作のアメリカ映画。製作費$1,900,000。原題は『:en:Forbidden Planet Forbidden Planet』で「サイエンス・フィクション SFなんてものは子供向けの荒唐無稽なシロモノにすぎない」と思われていた時代に、SF映画を舞台に「潜在意識と自我の関係」という心理学的なややこしいテーマを大真面目に扱った異色の作品。


監督フレッド・マクラウド・ウィルコックス
製作ニコラス・ネイファック
脚本シリル・ヒューム
出演者ウォルター・ピジョン

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ