秋月の乱

(社会)
あきづきのらん

秋月の乱(あきづきのらん)

1876年、福岡県の秋月でおこった不平士族の反乱。明治政府になり、廃刀令・全国民への苗字許可など武士たちの特権は取り上げられ、士族たちの積もり積もった不満が爆発。宮崎車之助ら400名余の旧秋月藩の士族が、熊本でおこった神風連の乱に呼応して蜂起。新政府の軍隊に鎮圧された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ