第三紀

(サイエンス)
だいさんき

Tertiary Period

地質年代の一。
新生代の前半、というか大半。年代で言うと、約6500万年前から180万年前*1まで。残りの年代から現代までが第四紀である。
陸上動物では哺乳類が、植物では顕花植物が大繁栄。海中では中生代の主役であるアンモナイトなどが全滅して、基本的には現在見られる魚貝類に近いものが出現した。
地質学的には大きな地殻変動で特徴づけられ、プレートテクトニクスの力によってヒマラヤやアルプスをはじめとする大山脈が形成された。

年代

  • 新生代
    1. 古第三紀
      • 暁新世
      • 始新世
      • 漸新世
    2. 新第三紀
      • 中新世
      • 鮮新世

*1:このあたりは諸説有り。概ね200万±何十万年といったところか

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ