経絡秘孔

(マンガ)
けいらくひこう

北斗神拳で突かれる人体のツボ。もともとは少林寺拳法の用語。
突くと同時に気を注入することで発動するため、単に押しただけでは意味がない。
伝承者はその「気」を無効にする術を知っている為、経絡秘孔を突かれても致命傷になることはない。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ