羽島線

(地理)
はしません

羽島線は名古屋鉄道の路線。江吉良駅新羽島駅間の1.3kmしかない短い路線で、全線が羽島市内を通る。
駅数は上記の2駅のみ。新羽島駅では、東海道新幹線の岐阜羽島駅に接続している。
元々は、竹鼻線より分岐する路線にすぎなかったが、竹鼻線江吉良駅〜大須駅間の廃止により、現在は名鉄岐阜・笠松〜新羽島間の運転が主力となっている。
開業当初は、交通の便が悪かった岐阜羽島駅〜岐阜駅間のアクセス路線として期待され、急行列車が運転された時期もあったが、名古屋駅〜岐阜駅間はJR東海道線を利用したほうが本数・運賃面で有利なため、現在は15〜30分間隔で普通列車が運転されるにすぎない。

新羽島駅電車衝突事故

2002年1月3日10時頃、新羽島駅構内で、羽島市役所前発新羽島行き普通電車(2両編成)が車止めに衝突、先頭車両の前部2.5mが高架橋終端から突き出て停止した。
原因は降雪時に耐雪ブレーキを使用せずに運転したため、氷塊詰まりにより制動力が極端に落ちたものとみられる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ