芹沢長介

(一般)
せりざわちょうすけ

考古学者。東北大学名誉教授。
父は染色工芸家で人間国宝だった芹沢硑介。
群馬県・岩宿遺跡の発掘にたずさわり、日本列島に旧石器時代の文化があったことをはじめて確認した。いわゆる「前期旧石器存否論争」では存在派の指導者的存在だった。
平成18年3月16日、逝去。86歳。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ