若松良樹

(読書)
わかまつよしき

法学者、学習院大学教授。1958年宮城県生まれ。1988年京都大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。2004年「A・センの正義論研究」で京大法学博士。1986年京都大学法学部助手、1989年東和大学工学部専任講師、1994年成城大学法学部助教授、2001年教授、2013年学習院大学専門職大学院法務研究科教授。

著書

  • 『センの正義論 効用と権利の間で』勁草書房 2003

翻訳

  • トマス・ネーゲル『哲学ってどんなこと? とっても短い哲学入門』岡本裕一朗共訳 昭和堂 1993
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ