蔵人所

(社会)
くろうどどころ

日本の律令制下の時代からあった官職の1つ。810年(弘仁1年)3月に嵯峨天皇によって設置された令外の官職だった。明治維新後に廃止されるまで、原則として各天皇の代ごとに改補及び常置された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ