藤原四家

(一般)
ふじわらよんけ

藤原四卿がそれぞれ独立して築いた家系の総称。

  1. 南家(藤原武智麻呂)
    • 南家とは邸宅が藤原房前の南側にあったことによる。
    • 不比等の嫡流ではあるが、藤原仲麻呂を除くとあまり目立たない。
  2. 北家(藤原房前)
    • 北家とは邸宅が藤原武智麻呂の北側にあったことによる。
    • 藤原冬嗣が嵯峨天皇の信任を得ると勢いをつけ、道長、五摂家へと続く最も栄えた家系。
  3. 式家(藤原宇合)
    • 式家とは藤原宇合式部卿だったことによる。
    • 藤原種継が桓武天皇の信任を得たため一時栄えたが、薬子の変などによって北家に追い抜かれてしまった。
  4. 京家(藤原麻呂)
    • 京家とは藤原麻呂が左右京大夫だったことによる。
    • 他の三子とは母親が違うためか、あまり目立たない。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ