Hatena Blog Tags

藤原為光

(読書)
ふじわらのためみつ

平安時代中期の公卿。諡は恒徳公。後一条太政大臣・法住寺殿と号する。
藤原師輔の九男。母は醍醐天皇皇女の雅子内親王。同母兄には多武峰少将藤原高光、同母弟には天台座主尋禅がいる。
侍従から左中弁・蔵人頭を経て天徳元(970)年に参議。その後も権中納言・中納言・大納言と累進して寛和二(986)年に右大臣になる。正暦二(991)年に太政大臣に任じられたが、翌年薨去。正一位を追贈され、封相模国。
邸宅の一条院は姪の藤原詮子に伝領。長女の忯子は花山天皇の女御として寵愛を受けた。

妻と子女

  • 藤原伊尹女
    • 藤原誠信
    • 藤原斉信
    • 藤原道信
    • 藤原公信
    • 尋覚(法住寺僧正)
    • 良光(延暦寺権律師)
    • 忯子(花山天皇女御)

その他娘五名

  • 藤原敦敏女
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ