行動随伴性

(一般)
こうどうずいはんせい

行動分析学の用語。

  • ある環境に対して、行動を起こし、それによってヨイコトが起こった場合、あるいは嫌なことが無くなった(和らいだ)場合、その行動は繰り返される可能性が高い。
  • 逆に行動によってヨイコトが無くなったり、嫌なことが起こった場合、その行動が繰り返される率は低くなる。

このように考える行動分析学では、「環境→行動→変化した環境」という一連の流れを行動随伴性と呼ぶ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ