行政不服審査

(社会)
ぎょうせいふふくしんさ

行政庁の違法な、もしくは不当な処分(およびそのほかの公権力の行使に当たる行為)に不服のあるものが、行政機関に対し不服を申し立てる手続き。一般法として行政不服審査法がある。
不服申し立ての種類として次の三つがある。

審査請求
処分庁以外の行政庁に不服を申し立てて処分庁を審査してもらう
異議申し立て
処分庁そのものに不服を申し立てる
再審査請求
審査請求の裁決に不服のある者が、さらに不服を申し立てる。

行政不服審査法は、審査請求中心主義といって、原則的に不服申し立ては審査請求によるべきとしている。
ただし、不作為に対する不服申し立ての場合は、自由選択主義といって、異議申し立てか審査請求のどちらをするかを好きに選べる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ