裏面打法

(スポーツ)
うらめんだほう

卓球における打法の一つ。
ペンホルダーで、裏面にもラバーが貼ってある場合、バック側に球が飛んできた際、その裏面のラバーを利用して打つ。
アトランタオリンピック金メダリストの劉国梁が最初に使用したと言われている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ