補償点

(サイエンス)
ほしょうてん

緑色植物で、呼吸による酸素の消費量と光合成による放出量が釣り合って、見かけ上ガス交換が全くないときの光の強さ。単位はルクス。
緑色植物の生長には補償点以上の強い光が必要とされる。
普通、陽性植物は陰性植物より補償点が高い(光が多く必要)。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ