襲色目

襲色目

(一般)
かさねいろめ

女房装束の袿の重ねに用いられた、襲色*1目の一覧。


美しく装うための美的表現を目的としてつくられた。通常、「春・夏・秋・冬・雑」とに分けられる。
季節、年齢、目的などにより使いわけられ、季節はずれの色目のものは失礼になり野暮だといわれた。

*1:十二単の袿(うちき)の主に五衣(いつつぎぬ)の組み合わせの色の配色の総称。

新着ブログ: 襲色目