質量分析

(サイエンス)
しつりょうぶんせき

原子もしくは分子をイオン化し、その質量を計測する分析手法。
質量分析を行う装置を質量分析装置 (mass spectrometer、通称マス) という。
様々な様式の装置が開発されているが、試料をイオン化するイオン化部、質量数によってイオンを分離する質量分離部、イオンを検出する検出部の3つからなる。


低分子の化学物質を解析する物質科学の分野で使われていたが、近年は、生体分子を扱う生命科学、土壌中などの分子を調べる環境科学の分野などでも分析/解析ツールとして、多くの企業や研究機関で使用されている。


生命科学分野での質量分析解析ソフトにはmascotなどがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ