越前一向一揆

(社会)
えちぜんいっこういっき

越前一向一揆(えちぜんいっこういっき)

1575年、織田信長軍と石山本願寺軍の戦い。朝倉義景滅亡の後、信長が任命した守護代桂田長俊が一向一揆により殺されたことで、信長は越前からの撤退を余儀なくされ、本願寺が越前を領有することとなった。武田軍を破って、東方の憂いをなくした信長は、大軍を率いて乱入。近江・越前国境付近に一揆方が構えた城塞を破り、一乗谷城、豊原を攻め落とし、越前を平定。更に加賀に兵を進め、加賀一向一揆を駆逐し、江沼・能美二郡も平定した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ