越後交通栃尾線

越後交通栃尾線

(地理)
とちおせん

かつてあった日本の軽便鉄道路線。新潟県長岡市に本社を置く越後交通が運営していた。1975年全線廃止。長岡市の悠久山駅から長岡駅、見附市の上見附駅を経由して、栃尾市(現在の長岡市)の栃尾駅までを結んでいた。
1915年、当時の栃尾鉄道による浦瀬ー上見附ー栃尾間の開通に始まり、路線延伸や新駅開業などの末、翌1916年に長岡ー栃尾間まで延伸。さらに1924年に長岡ー悠久山間の延伸が成り、全線開業に至った。
1956年に社名を「栃尾電鉄」に改称。1960年に栃尾電鉄及び他二社の合併により「越後交通栃尾線」として越後交通の一路線になって以降も前身の「栃尾鉄道」→「栃尾電鉄」の名残で地元からは長らく「栃鉄」(とってつ)の名で親しまれてきたが、1975年に全線廃止され、越後交通によりバス転換された。