違憲立法審査権

(社会)
いけんりっぽうしんさけん

裁判所が、法律、政令、条例などが憲法に違反していないかを審査し、違反している場合はそれを無効とする権限のこと。この権限はすべての裁判所が持っているが、最高裁判所が最終的な権限を有す。

過去の違憲判決一例

  • 1973年:尊属殺人罪【初の違憲判決】
  • 1975年:薬局設置における距離制限(薬事法)
  • 1987年:共有林の分割制限(森林法)
  • 2005年:在外邦人の選挙権の制限(公職選挙法)
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ