違法性の意識

違法性の意識

(一般)
いほうせいのいしき

自己の行為が違法であることの認識。
刑法38条3項では「法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。ただし、情状により、その刑を減軽することができる。」とする。

新着ブログ: 違法性の意識