部落民

(一般)
ぶらくみん

部落という特定のカテゴリーに属する人々。
同和地区出身者。

こういうのもある。

野口道彦による定義

 では、部落民自身による定義はどうなのか。初めに被差別体験から「部落民」と受動的に意識させられ、それが「部落民」共通の体験として受け止めた時、能動的概念に変化すると思われる。すると、「部落民とは部落差別を受けた体験を共有しうる人、差別に対する憤りや悔しさを共感できる人」と定義できると思う。これは必ずしも血縁関係や系譜的連続性を条件としない。
http://blhrri.org/kenkyu/project/mibun/mibun_0014.html

参照:

部落問題のパラダイム転換 (明石ライブラリー)

部落問題のパラダイム転換 (明石ライブラリー)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ