酒井敏明

酒井敏明

(スポーツ)
さかいとしあき

プロ野球選手・新聞記者・野球評論家。
右投右打、ポジションは捕手・内野手。背番号は57→4→27→4番。


1934年1月12日生まれ。三重県出身。
桑名高校から早稲田大学に進学。1955年秋の東京六大学ベストナインに選ばれ、同年12月のアジア選手権に六大学選抜メンバーとして、佐々木信也・長嶋茂雄・森徹らとともに出場、全勝優勝に貢献した。

1956年、中日ドラゴンズに入団。
主に控えの捕手として一軍に定着。

1957年8月21日の国鉄スワローズ戦での金田正一、また1961年6月20日の国鉄戦での森滝義巳、それぞれ完全試合時にも最後の打者となった。


1964年の現役引退後は杉並区に在住し東京中日スポーツに記者として入社。報道部次長、編集委員などを務める。
定年退職後も大学野球を中心に評論家として活躍。



2007年8月15日、脳内出血のため東京都三鷹市内の病院で逝去。

新着ブログ: 酒井敏明