重機関銃

(一般)
じゅうきかんじゅう

 口径12.7mm程度まで*1のライフル弾をフルオートで発射する機関銃。銃器の一つ。口径に関わらず、車両や船舶に積載したり、三脚や四脚の銃架に載せて、複数名で運用することが多い。軽機関銃との区別は重さや口径でなされる*2事も多いが、運用方法で区別される場合もある。
 その為、本体自体は同一の物であっても、三脚架に載せ固定して運用する時は重機関銃、兵が手持ちで運用する時は軽機関銃とする場合もある。

*1:これ以上になると機関砲と呼ばれることがある

*2:定義はまちまち

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ