野沢和弘

(読書)
のざわかずひろ

1959年静岡県熱海市生まれ。1983年早稲田大学法学部卒業。毎日新聞入社。津支局、中部報道部、東京社会部。薬害エイズ取材班、児童虐待取材班など。科学環境部副部長、社会部副部長を経て、2007年5月から夕刊編集部長。2009年4月から毎日新聞論説委員。

著書

「わかりやすさの本質」(NHK出版/生活人白書)、「条例のある街」(ぶどう社)、「発達障害とメディア」(現代人文社)、「なぜ人は虐待するのか」「シカゴの夜から六本木の朝まで」「親」(Sプランニング)など。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

相模原の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され,26人が重軽傷を負った事件から26日で4年.重傷を負った尾野一矢さんは,この夏にも1人暮らしを始める.父親の剛志たかしさん「施設で暮らす多くの重度障害者の生活について,考えるきっかけになれば」.母親のチキ子さんは「精神的に落ち着いて,大人になってきた気がする」. 障害者団体要望「やまゆり園事件 利用者虐待の影響 県議会で究明して」 東京新聞

重傷を負った男性が踏み出す自立への一歩 相模原殺傷から4年 東京新聞 2020年7月25日 重傷を負った男性が踏み出す自立への一歩 相模原殺傷から4年:東京新聞 TOKYO Web 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され,26人が重軽傷を負った事件から26日で4年を迎える. 植松聖さとし死刑囚(30)に「意思疎通できない」と決めつけられて襲われ,重傷を負った尾野一矢さん(47)は,自立に向けてこの夏にも1人暮らしを始める予定だ. 刑事裁判が終わり,事件の風化への懸念が高まるが,父親の剛志たかしさん(76)は「施設で暮らす多くの重度障害者の生活について,考えるきっか…

yachikusakusaki's blog-4 か月前

「集団免疫を獲得する戦略」をとったスウェーデンの新型コロナ対策 「感染者や死者が増えているのに,医療体制が持ちこたえている」「80歳以上の患者や基礎疾患のある高齢者は『回復困難者』として集中治療の対象から外すガイドラインがある」「助かりそうな人を治療の対象とし,高齢の重症患者は緩和ケア」「強制的な都市封鎖をせず,国民に自粛を求める緩やかな対策を実施している点は同じだが,日本とスウェーデンの新型コロナ対策の内実は対極にあるといっていい」野澤和弘 毎日新聞

新型コロナウイルスの感染拡大が報道される中,情報の少なさが気になっていた事柄がいくつかあります. その中の一つ,「高齢者施設での感染」については,NHKが昨晩のニュースウォッチ9で放映し,またウェブ上により詳細な現状が報道されました. 新型コロナで“介護崩壊”の危機? 高齢者施設で いま何が | NHKニュース yachikusakusaki.hatenablog.com もう一つ気になっていたのはスウェーデンの新型コロナ対策です. 「集団免疫を獲得する戦略」をとっていることが報道されていました. しかし,その実態はどうなのか? この新型コロナウイルスの特性として,高齢者・基礎疾患のある方々の…

yachikusakusaki's blog-7 か月前