銘探偵

銘探偵

(読書)
めいたんてい

記念碑的に価値のある名探偵という意味。麻耶雄嵩の小説に於いてメルカトル鮎が自らを讃えるのに使っている。