長享の乱

(社会)
ちょうきょうのらん

日本の室町時代にあった乱の1つ。長享元年(1487年)から永正2年(1505年)にかけて、山内上杉家の上杉顕定と扇谷上杉家の上杉定正と甥の上杉朝良の間で行われた戦いの総称である。この戦いによって上杉氏は衰退し、駿河今川氏の客将である伊勢宗瑞(後の北条早雲)の関東地方進出を許す結果となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ