長束正家

(社会)
なつかまさいえ

戦国武将。近江水口城主。
はじめ丹羽長秀に仕え、後には豊臣秀吉に仕える。内政手腕に長け、五奉行の一人としてその能力を遺憾なく発揮。
関ヶ原では西軍に付いたが、敗北により城に火をかけて自刃している。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ