関索

関索

(一般)
かんさく

関羽の次男。関興の弟。正史には登場しない。

もともとは「花関索伝」の登場人物であり、荊州陥落の際負傷し、名家・鮑氏に匿われ、鮑氏の娘・鮑三娘や盗賊の頭領の娘・王桃ら腕に覚えのある女性3人を打ち負かして妻にしたという。花関索伝ではこの後呂蒙を討ち取る(!)ことになるが、演義では妻3人の話ともどもはしょられ、南征に行く諸葛亮との対面が初登場。木鹿大王を討ち取るなどの活躍を見せたものの、その後ここに留まったか陣没したらしく、なぜか北伐には参加していない。

リスト::三国志関連