隷書体

(一般)
れいしょたい

漢字の書体の一つで、「八分」「分書」とも呼ばれる。



起源は、秦の時代、優雅ではあるが実用性に欠ける篆書体 篆書を獄吏である程邈(ていばく)という者が略して発明した書体であると云われるが、用例自体はそれより古く戦国時代ごろに始まり、伝説に過ぎないとされる書体のこと。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ