電束密度

(サイエンス)
でんそくみつど

電気変位ともいう。電磁気学において、ベクトル場の一つを表す物理量。マイケル・ファラデーは、「電荷から電気力線が出ており、その電気力線の束の密度で電荷同士の間に働く力の強さが決まる」と考えた。電束密度という名前の由来である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ