高木清秀

高木清秀

(社会)
たかぎきよひで

大永6年(1526年)〜慶長15年7月13日(1610年8月31日)
日本の戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。
少時から織田信長に仕え。天正10年(1582年)に信長が死去すると、徳川家康の家臣となった。武勇に優れ、戦場で数々の逸話を残していることから、徳川十六神将の1人として数えられている。

新着ブログ: 高木清秀