2年目のジンクス

(スポーツ)
にねんめのじんくす

プロスポーツ界で使われることが多い言葉。
大活躍した次の年は、成績が伸び悩むということ。
特に1年目から活躍した新人選手に用いられることが多い。
原因としては、活躍してテングになった、マスコミの取材などで練習が不足した、他チームや選手から研究された、などが考えられる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ