Al Green

(音楽)
あるぐりーん

■アル・グリーン Al Green 「Let's Stay Together」で知られる'70年代ソウル・シーンを代表する名Vocalist。
サム・クック系Vocalを〜名門Staxレーベルの流れを汲むHiレーベルのサウンドに乗せた独特の名曲の数々は〜、
バラードからファンクまで、'70年代サザン・ソウル系を語る時に決して欠かす事は出来ないものであろう。
一般的な甘いイメージの作品のみならず、Talking Headsによる「Take Me To The River」やGraham Central Station
の「It Ain't No Fun to Me」といったカヴァーでも顕著な〜ファンクネスやリズム感覚の妙も聴き物である。

google:Al Green]    ●[google:アル・グリーン]   ●[amazon:Al Green

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ