CMM

(一般)
しーえむえむ

CMM (Capabirity Maturity Model) 能力成熟度モデル

米カーネギーメロン大学 SEI (Software Engineering Institute: ソフトウェア工学研究所) が開発した「組織の能力を向上させるためのモデル」.

組織の能力についてレベル1〜5に分け、各レベルで持つべきプロセスを規定している.

レベル1: プロセスが確立されていない初期段階
レベル2: 特定のプロジェクトリーダーや技術者に依存している状態
レベル3: 首尾一貫したプロセスを標準として持っている段階
レベル4: 標準化されたプロセスを定量的に測定し、洗練化していく状態
レベル5: 技術・要件環境の違いによって、標準プロセスを最適化して用いられる段階

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ