DDR SDRAM

(コンピュータ)
でぃーでぃーあーるえすでぃーらむ

Double Data Rate SDRAM(Synchronous Dynamic Random Access Memory)の略。
SDRAMのデータ転送を同期信号の立ち上がりと下がりで行うことで転送速度を2倍(すなわちDouble Data Rate)に増やしている。

参考:http://e-words.jp/w/DDR20SDRAM.html

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ